ブログトップ

大きな地震でしたね。

e0351725_17494255.jpg


金曜日の午後、
珍しく音楽もテレビもない
シーンとした中で、パソコンをしていました。

近所のどなたかの携帯の、
(私は緊急連絡のスイッチオフにしています)
けたたましい音が鳴ったと思ったら、
数秒後、地震が起こりました。
ぐらぐら、
気持ち悪いぐらいに大きく(怖)


すぐに、地震情報をチェックしていると、
オットからLINE「大丈夫?」
すると、今度は長男からLINE
「おばあちゃんち、大丈夫かな?」

オットの実家は、震源地らしい鳥取県
私の実家は、岡山県の北部
すぐに、母にメールを送ると、
「大丈夫だからー」と、元気な声で
電話してきました(ひと安心)

テレビのミヤネ屋を見ている限りでは、
大阪は大丈夫そうだな。と思っていると、
タイミング良く、
大阪に住む次男のお嫁ちゃんからもLINE
「大丈夫ですか?大阪も揺れました。」

鳥取は、オットが甥っ子とLINE
実家の「工場が崩れるかと思ったー」
相当ひどい揺れだったなのが、わかります。

義姉家は、家の一部が壊れたらしいけど、
大工さんの家、すぐに修理したとか。

地震の被害が多かった倉吉には、
オットのいとこが、住んでいます。
玄関が開かなくなり、家の中がモノで散乱
わんこは、外に出たがり困っているとか。
家にいると、怖かったことを思い出すのでしょう。
余震があるので、今は、
近所のひとと一緒に過ごしているとか。


長男は、地震後すぐに、
「こんな仕事をしています」と
お得意様へのメールを、
LINEで見せてくれました。
普段、オットにしても、息子たちにしても、
仕事をする姿を、私は見ることがないので、
すぐに、緊急対応する仕事ぶりに、
ちょっと感心しながら、ジーンときたり、
(こんな時に、だけど)嬉しく思いました。
ちゃんと働いてるんだなぁ

夕方になり、まごまごの様子もわかりました。
お芋掘りの日で、地震があった時間は、
疲れていたのか、
ぐっすりお昼寝をしていたようです。
怖い想いをしなくて、良かった。


たくさんの方が、被害を受け、
心が痛みますが、
我が家の家族、親戚、みんな無事で良かった。

余震が続いているようですが、
これ以上、なにごとも起こりませんように、
祈るばかりです。











[PR]
by arare-days | 2016-10-21 18:21 | 家族