ブログトップ

母の新生活

e0351725_15462564.jpg


母の一人暮らしが困難となり、
入居出来る施設を、
兄があちこち探していました。

週に三度出かける
デーサービスに、空きが出来、
入れることになったのは、1月になってから。

兄の家から近い、
大きな病院の介護施設に、
入居希望を出していましたが、
三年以上待っていた今でも、
数百人待ちの状況は、変わらず・・・

医師のコネを使って、
入居希望する人を、優先するんだとか?!
そんな噂が、あるとか、ないとか、

母の現状では、これ以上待ってもいられず、
結果、顔馴染みの職員さんがたくさんの
施設に入れることになり、結果往来。

たくさんの荷物を持って、
施設に向かうと、
すぐに職員さんに声をかけられ、
みなさん優しく接してくださり、
ほっとしました。

入居に関するお話は3時間近くあり、
細かな規約や約束事の説明を聞き、
また、もうひと安心。

看護師さん常駐で、病院への付き添い
生活の介護、援助など、
母の不安は、細かく聞いてもらえ、
安心して暮らせる場所のようでした。

部屋は、昨日空きになったという
母の希望だった景色の良い部屋
大きな窓からは、
穏やかな旭川に、風流な橋、
その向こうに国道が見え、明るく広い部屋です。

衣類の整理がしやすいように、
大きなロッカーに、
テレビ台にもなる大きな引き出し
ざざっと片付けると、母はほっとしたのか、
「早く帰りなさい」と・・・
e0351725_15462638.jpg

足腰は弱ってるけど、
お口は達者(笑)

兄と、いつものように、
喧嘩?と思うような元気な会話を聞き、
またひと安心。

家族との外出は自由
今度、家には、別荘にでも行くつもりで、
一緒に帰ろうかな

寒い冬の日、
母の新生活が始まりました。


[PR]
by arare-days | 2017-01-19 17:09 | 帰省